福祉ソフトウェアの開発・販売
  • 電話番号:0120-27-8117
  • 資料請求
TOP >  サービスインフォメーション > 居宅版V6.0.410をリリースしました(暫定 平成29年4月介護報酬改正)

居宅版V6.0.410をリリースしました(暫定 平成29年4月介護報酬改正)

平成29年4月介護報酬改正に対応したファーストケアをリリースしました。

厚生労働省から公開されているサービスコード表が(案)付のため、ファーストケアも制限付きバージョンとなります。

本バージョンは平成29年3月(以下、3月)までの制度に基づく機能には、制限はございません。

なお、バージョンアップ時に既存情報のデータ移行を行うため、通常のバージョンアップよりお待ちいただく時間が

長くなる場合がございます。ネットワークタイプでご利用の事業所様は親機でバージョンアップしてください。

 

平成29年4月(以下、4月)以降の制度に基づく機能の制限を以下にお知らせします。

①前述のように、介護報酬算定で使用する単位数は(案)付単位数です。

②4月以降の利用票・提供票を作成していただくことを目的としたバージョンです。

4月以降の国保連請求や利用者請求計算も行えますが、使用される単位数は(案)付単位数です。

利用者請求計算を行えるバージョンは3月末に、国保連請求計算を行えるバージョンは4月末にリリースします。

③現在ファーストケアに登録されている事業所情報やスケジュールの処遇改善加算は

下記のように自動的に変更します。

3月まで     ----      処遇改善加算Ⅰ 処遇改善加算Ⅱ 処遇改善加算Ⅲ 処遇改善加算Ⅳ

・・・・・・・                    ↓          ↓          ↓           ↓

4月以降    処遇改善加算Ⅰ 処遇改善加算Ⅱ 処遇改善加算Ⅲ 処遇改善加算Ⅳ 処遇改善加算Ⅴ

事業所情報で処遇改善加算を変更した後に3月以前のスケジュールを作成すると

新しい処遇改善加算で算定されるので、月間個人予定・実績画面のスケジュール画面で修正が必要です。

④予定一覧、実績一覧でバージョンアップ前に作成した4月以降を表示した際の単位数や金額は、

3月以前の処遇改善加算率で計算した値になっています。

月間個人予定、月間個人実績で保存したり確定すると4月以降の加算率で再計算されます。

⑤日常生活支援総合事業の訪問型サービス(独自:A2)、通所型サービス(独自:A6)を行っている保険者の場合

4月以降のサービスコードを含む単位数マスタをファーストケアへ再度取り込む必要があります。

保険者より提供されていない場合は、保険者へお問合せください。

⑥4月以降、介護予防ケアマネジメント(AF)のサービスコードが変更になった場合、単位数マスタの取り込みおよび

利用票・提供票は作成できますが、包括支援請求計算の結果は旧サービスコードになります。

 

 

  • ユーザーサポート
  • お問い合わせ
  • ファーストケアハニー
  • よくある質問
  • 紹介制度
  • 代理店募集
  • 求人募集